SIENA HAYASHI diario

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
シュールな人マグリット 22:17


先日、六本木の新国立美術館で開催中のマグリット展に行って参りました。

マグリットはダリと同じく10代の頃に影響を受けたシュールレアリズムの画家の一人です。

ダリに比べて清涼感があり、彼の世界は心地が良い。
ダリの方が、より宗教性も強く病んだ深層心理など、より複雑であると思える。
マグリットは作品中にユーモアセンスもありダリのそれとは対照的とも思えます。


今回の展示では、10年以上前に横浜美術館で観た名作、大家族とも再会できた。
これを観ないと、日本でこれだけ充実した作品を観る事の出来る機会は無いかも知れない。

今は亡き、黒川紀章の建築もすっかり新国立の顔になりましたね。


追記
思えば10代の頃は色々なアートを観て吸収しようとしていた。
しかし印象派だけはいまだに得意ではない。
かと言って、デュシャンみたいな前衛アートもピンと来なかった。
そんな僕にとって古典絵画を踏襲しつつも新しい美術の潮流であったシュールレアリズムって表現が観てて心地良かったし、僕が求めているファンタジック的な要素もあり、これから僕がやりたいと思った表現に近いと感じました。

そんな10代の頃の記憶を思い出しながらマグリットの作品を鑑賞してきました。
 


                   

 

SIENA

| アート、デザイン、イラスト | comments(0) | trackbacks(0) | posted by SIENA HAYASHI -
スポンサーサイト 22:17
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://siena-blog.jugem.jp/trackback/123
<< NEW | TOP | OLD>>