SIENA HAYASHI diario

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
盗作になるのか、創作におけるサンプル収集 16:13

 悪意がなければ許させるのか?

グラフィックデザイナー佐野氏のデザイン盗用問題、明らかに疑わしいものがありますね。
特に、ロゴやCI等の企業やブランドロゴは、利益が発生するものなので絶対にあってはならない事だと思う。
ロゴデザインは明快な色彩に幾何学的な図形などのコンポジションが多いから、どうしても似てしまう事ってあるかも知れないけれど、図形の形態の酷似は言い訳が難しいと思う。(これらは20世紀の抽象絵画の元祖カンディンスキーやモンドリアンなどが全ての元ネタと言いたくなるけれど.........)

いずれにせよ、盗用は真にイケナイ。
それでは模倣はどうかと言うと、画家もデザイナーも同じだと思う。
模倣したくなる素材があっても、そのまま使ってはセンスを疑われてしまう。
いかに、自分のオリジナリティーに上手く取り入れるかだと思う。
僕は一応、そうして描いているつもりですが、今の時代何を言われるか分からない時代。

盗用は構成、構図、形態、色彩をそのまま使ってしまっているもの。
これらを露骨にパクってしまうのは悪意ある盗用、ましてそれで利益を得るのは許されない。
  
盗用は毎週の様に課題が出て、作品を制作しないといけない美大生だってしない事だと思う。(あの性格の悪い助手に君のデザインはあの人の真似だね!とか言われたらどうしよう(汗)とか色々と考えながら課題を制作する)

僕も大学でグラフィックデザインを学んでいたけれど、課題制作の為にゼミが終わった後に新宿の紀伊国屋の洋書コーナーでグラフィック関連の書籍などを観たりして参考にしていた。
僕の場合は結果的にエゴが強く、パブリックで人の為のデザインと言うよりは、絵を描きたいと言う気持ちが強かったので、結果的に絵画系イラストに傾倒し、今に至。

創作活動をして行く上で、常にして来たことは創作の為にサンプルを集める事。
特に、動物を描く事が好きなので、先に述べた紀伊国屋の洋書コーナーでライオンや鷲などの写真集を購入し、自分の作品中に登場させる。
僕の様に比較的に写実的に描くタイプの画家は、サンプルで集めた写真などを参考に描くことが多いと思う。
  

近年、取り掛かっていた企画ではPDから今まで描いた事のない、イグワナや昆虫などのモチーフを描いて下さいと言われて、そのサンプル収集の為にネット上の画像を検索し大いに役に立った。
これは、若い世代の画家もデザイナーも普通にやる事だと思う。
  

僕が、今回の佐野さんの件を自分に当てはめて考えた時に、もし仮に今回の企画で僕が描いた動物の写真を撮影した人が僕の絵を観て、これは盗作だと言う様なことがあり得るかも知れないと言う事。
勿論、僕の絵はイメージの世界であるから仮に、ネット上で検索して収集したサンプルも僕の絵の中ではイマジネーションの要素の一部でしかないと思っているし、僕が描けば、僕の絵になってしまう。
主体はあくまで絵全体であり、要素でしかないと言う事。
これは画家ならではのエゴかも知れないけれど、画家は大抵、本気でそう思うものである。
おお!俺の為にこんな良いサンプルをありがとうよ!みたいな感覚。
少なくと、僕はそうとしか思ってないのです。
でも、そうではない思う人がいるとなると、僕のこうした認識は問題である。
(著作権を主張する画家や写真家は常識的にネット上に自分の作品を掲載する時に、コピーライトを画像に埋め込むと思うけれど、そうでない画像も沢山ある。僕もサイトに掲載している作品には必ずSIENAと入れる制作年も入れるべきかな?)
なので、ネット上に写真を掲載する人は、アーティストのサンプルにもされたくないのであればコピーライトを入れるべきです。
  

例えば、僕が担当する社会人の講座では、ネット上の花の写真や風景などを描いて貰う時がある。これも盗用と言われてしまうと、わざわざ撮影に行き、ヨーロッパの風景を描くと言うのであれば、12時間もかけて撮影しに行くことになる。
それは物理的に難しい。

独自の形態にデフォメルして描く画家は問題ないけれど、写実的に描くタイプの画家が自分のオリジナル作品であっても、その中に登場するモチーフが他者が撮影した画像をサンプルにして描く事も盗用と言われてしまうと、僕の様なタイプの画家はみんな盗作画家になってしまう。
それは、絵の大半の要素である創造性を無視した結果になる。

もしくは無意識のうちに昔、どこかで観た絵画やデザイン的な要素を作品に取り入れてしまっているかも知れない。

他にも、影響を受けた画家や尊敬する画家にたいするオマージュ的な要素を自身の絵に取り入れる事はどうなのか?
僕の場合はシュールレアリストのダリ、マグリット、ロジャー・ディーンなどから影響をうけた。だからもし仮に彼等の作風に似ていると言われる事は光栄な事なのです。
 

佐野さんのロゴやイラストは、イマジネーションで描く絵画とは異なるが故に問題が大きいと思う。
ネット上で観たサンプルや画像をそのままコピペするのは学生でもD評価に値る。

悪意ある盗作と言われてしまうのか、いやいや模倣です。と言う事になるのか。
僕は、模倣は悪とは思わないけれど、そうでないと言う人もいるでしょう。
これは、本当に難しいライン。

マリンアートで有名なラッセンの絵画。
彼は元祖だと思うけれど、マリンアート系の画家の構成を観るとラッセンの構図や色彩と似てますよね?
絵画の世界では、同じ傾倒の画家と言うのがある訳で、グラフィックの世界程はうるさくはないのかと思う。
ラッセンが同じ様な構図でイルカを描いている画家を訴えたとか聞いた事がない。

他にも、黒沢監督の七人の侍がネタの荒野の七人は?
音楽の世界でも、リッチー・ブラックモアのあのギダーリフに似ているとか。
影響を受けたとか模倣なんて常習的な行為とも言える。
 

今回のこの問題で、画家もデザイナーも漫画家も全て参考にした資料がある場合は、どこかの学会の論文みたいに参考文献を明示する様にしなくてはならないと
言う様な事になったら、息が苦しくなる。

19世紀の写真の発明やネットのお陰で、クリエーターは創作サンプルの収集には困らない便利な世の中になった。
しかし、同時にこう言う危険性もあるのだと自分自身を顧みて思った。

| アート、デザイン、イラスト | comments(0) | trackbacks(0) | posted by SIENA HAYASHI -
スポンサーサイト 16:13
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://siena-blog.jugem.jp/trackback/127
<< NEW | TOP | OLD>>